独立系投資アドバイザーが現代の政治経済を独自の視点で切り込みます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

為替と株価と金利について

 大変遅くなりましたが、

 新年明けましておめでとうございます。新年のご挨拶にしては遅すぎますが。。。

  

 また久しぶりの日記となります。

 さて、ここにきて日本の株式市場が大きく変動していますが。。。

 ニュースを見ていると、「米国の量的金融緩和縮小の影響で、資金の逆流が起こり、新興市場の通貨が動揺し、ニューヨークダウが下がり、安全資産と目される円が買われ、日本の株式も下がっている。」というような報道がよく流されている。そういう風に考えて投資家が動いているのが事実とすればそれはそれで正しい報道なのかもしれませんが。。。

 それでも、こういったニュースのいくつかに違和感を持ったので、少々論じてみたいと思います。


 ①米国の金融引き締めが新興市場の通貨を押し下げる???
 まず、今回米国は金融引き締めに転じたわけではなく、月額の金融緩和量規模の縮小を図っているだけです。金融緩和は継続していることを忘れてはいけません。また、歴史的な通貨の動きを見れば2003年から2006年まで米国は政策金利を1%から5.25%まで大幅に利上げをして金融を引き締めようとしていました。そのときには新興国通貨はそう下がってはいません。むしろ、新興国経済はぐんぐんと伸びていました。そして、2007年以降金融緩和を開始して以降に新興国の通貨は一貫して弱い動きをしています。もちろん、国や時期によって多少のばらつきはありますが。。。
 そう、少なくとも歴史的には米国の政策金融引き締めが新興国の通貨に悪影響を与えるとはいいがたいのです。
  
 ②円高により、日本経済の悪化懸念から株式が売られている???
 これはある意味正しい部分もあるでしょう。ただ、為替(円ドル)と株式市場の相関関係を歴史的にみると、1996年から2004年くらいまでは円安のときに株価は下落傾向となり、円高のときに株価は上昇傾向となっていたことも記憶しておかなければなりません。逆相関だったんですね。


 今常識のように語られていることが、歴史を振り返るとそうなっていないということに注意しなければなりません。

 



 歴史を振り返ると、1995年の阪神の大震災のときは直後しばらく、円高にすすんで、次に1ドル78円から135円まで大きく円安となりました。円安基調となる中、当初株価はその状況を歓迎して上がっていましたが、1997円からは円安の進攻と共に株式市場は下落基調となりました。確か、橋本政権が消費税を決めた年でしたね。。。そういえば、当時も一時貿易赤字傾向になっていました。
 
 現在は東北の大震災から3年が経とうとしています。当初しばらく円高に動いて、後に円安基調となり、それを歓迎して株価は上がり、消費税が増税され。。。。

 ここまでは良く似ているのですが、ここから先果たしてどうなるのか。。。


 今年は株式市場、ドル通貨について注意深くみていきたいと思います。特にドルの動きには注意が必要かもしれません。

 


 今後の皆さんが考えられる経済見通しの一部としていただければ幸いです。

 
スポンサーサイト
2014-01-30 : 未分類 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

まとまっていない考えをクリップします。

 よく、何を元に経済や金融市場のことを勉強されますか?と質問を受けることが多いのですが、単純には答えられないので、困ります。いろんな調べ物は書物やインターネットの利用。ひらめきは市場の動きや他の人との会話、哲学、その他もろもろですが。。。もちろん、つたない経済学が基盤にあるのですが。。。

 さて、冒頭なぜこういう書き出しをしたかといえば、本日は考えがまとまる前の段階の頭にあることを書き出してみようと思ったからです。こういうことを漠然と考え、それを検証し、理論構築し、文章にしたり、話をしているのかと、分っていただければ幸いです。

 

 

 最近の市場動向の方向感が定まらない。

 市場将来予測をしてみる。

 日本経済は来年、消費税の影響を受けるので、需要不足。国内景気は沈静化。ただ、金融政策担当の黒田日銀総裁は金融緩和だけで、景気の腰折れを何が何でも防ぎたい思いを持っていると推察(彼自身の過去の発言「消費増税しても景気は悪くならない。消費増税しないと経済がおかしくなる」に対する責任回避をしたいと考える)。そうすると、国内需要減退の中で、インフレ期待が後退し、乗数効果が落ち込んで、デフレ不況になりかねない日本経済を支えるため、更なる金融緩和の必要性。ベースマネーの極大化。

 ここで、黒田日銀総裁の方針転換あるか無しか。
 
 ないとすれば、おそらく、日本国内の全体的な賃金の増加は望めないので、ベースマネーの増加はコアコアCPIの上昇にあまり寄与はしない。なのに、彼は(上でも述べたような理由で)ベースマネーを増大化させるだろう。その行動は資産価格に影響する可能性がある。不景気の中でも株高、円安が起こりうることを考えないと。。。矛盾あり。

 現状の米国経済を考えると、失業率がなかなか下がらない、賃金が上がってこない中で、資産価格のバロメータの一つであるニューヨークダウなどの株式指数や、リート(不動産投信)指数などはかなり値上がりしている。
 逆に商品指数(CRB)なんかは2003年レベルくらいまで下がっている。むしろ、デフレリスクが残っている。イエレン次期FRB議長だけれど、彼女は実務家としての評価は高いがエコノミストとしては未知数かな?米国に中々インフレ期待が出てこない中、金融緩和を継続しそう。現オバマ政権は財政支出増大をはかれそうにないので、資金需要のない中での金融緩和が資産価格の高騰をもたらす可能性があるのかもしれない。。。日本と似ているな。

 政治的に何のプレッシャーも無ければ、無尽蔵の金融緩和が資産価格の高騰を引き起こす。通常なら資産価格の高騰が消費刺激に回り、インフレ期待が引き起こるのだけれど、日米とも財政引き締め傾向にあるとすれば景気は上向かない。そのなかで、更なる金融緩和に踏み切るのだろうか。。。

 当日記では金融政策の重要性について訴えてきたけれど、決して財政政策を軽んじるべきではないと主張してきた。マンデルフレミング理論を振りかざし、金融政策のみに有効性を求めるエコノミストには短絡的との批判的もしてきた。

 金融政策至上論者の行き詰まりが見れるかもしれない。

 大きな政治的動きにより、資産価格の継続的上昇が大きく崩れることに注意を払う必要がある。

 



 て、こんな感じの取り留めの無い考えをいろいろ調べながら、まとめて文章にしています。

 今日はこの辺で。。。あまりにも分りにくすぎたかな?
 

 
2013-11-07 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

消費税増税方針決定を受けて。

 またまた、大変久しぶりの日記になります。どうも執筆意欲が下がっていまして。

 理由は。。。まあ、やめときます。

 なんとか、こつこつとまた書き始めようと考えています。

 
 さて、とうとう安倍首相が最重要経済公約(「デフレ下では消費税増税をしない。」)を破り!?消費税増税を決断しました。コアコア消費者物価指数はマイナスのままなので、デフレ下の増税方針決定となります。

 また、法人税減税!?を検討するとのおまけつきです。法人税減税にはリフレーション効果はほとんどありません。企業は税率が高くなると、人件費を含めた経費をたくさん使う傾向があります。逆に、税率が下がると経費圧縮意欲がその分強くなるのです。

 つまり、ダブルで、デフレ化政策方針を決めているみたいです。

 安倍総理がとんでもなく頭の悪い総理なのか?それとも、政治的に抜き差しならない何かがあったのか??

 それとも、本当に財政健全化のために消費増税がいいと思ったのか?

 それとも、それとも東京オリンピックも決まったし、株価も上がってきて、これ以上放置していると景気が加熱し過ぎて、人件費高騰の恐れがあったのか???ま、ちょっと考えにくいですが。。。

 理由は分りませんが、今後の日本経済シナリオを以下に考えて見ます。




 良いシナリオ
 年末に向けて実体経済が予想以上にどんどん良くなり、景気の過熱感が激しくなり、ちょうど、来春の消費増税が冷や水となり、日本経済が巡航速度で回復成長に向かう。

 中国や韓国から、かなり反発が出てきそうだけれど、この可能性も否定はできないな。



 悪いシナリオ
 デフレ下での消費増税決定により、需要不足が顕在化し、デフレが進む。景気低迷。安倍政権が景気対策を打とうとするが官僚とマスコミ、一部政治家の抵抗にあう。そのときには支持率が下がっていて、解散もできずに辞職(この前と同じ。。。)。デフレがさらに進み、日本国内の輸出企業が致命的ダメージを受け、国内生産力大幅縮小。その頃、経常赤字拡大傾向が常態化し、ベースマネーの過剰供給もあり、急激な円安に見舞われる。円安が進んでも直ぐには輸出力の回復ができず、日本の外貨準備が急減。円安による国民経済崩壊を防ぐために、東アジア統一通貨構想実現へ向けて動き出す。。。。

 うん!?日銀総裁就任前に黒田総裁が描いていたとおり(黒田総裁は持論として、日中韓中心の統一通貨を作るべきと主張していたようです)になるだけか。。。?


 誰にとって最悪で、誰にとって良いシナリオかはその人のイデオロギーや立ち位置によって変わってくるんですね。


 流石にこれ以上はやめときます。。。

 
2013-10-08 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

中国株式市場の急落

 最近、中国の株式市場の下落が止まらない。

 本日の上海総合指数は1900ポイントを割って推移している。

 安倍首相の日本と比べて、習金平国家主席の中国は経済政策に関してあまり注意を払っていないように思える。その差が日中の株式市場の差となっているのかな?(日本株式も最近ちょっと不安定だけれど。)

 仮に、本格的に中国経済が大崩壊となったら。。。

 もちろん、世界の市場は多分に影響を受けれるのだろう。ただ、1998年のアジア通貨危機の際、米国は一時的な株式市場調整はあったけれど、その後調整は短期で終わり、ネットバブルへと続く好景気に続いていったことを頭の片隅に入れておく必要もある。

 あまりに楽観的になり、油断することは禁物だけれど、合理的でない恐怖感であまりにも悲観的になりすぎることも控えなければならない。

 対岸の火事として、 

 経済に関心を失った政治家が統治する国家がどうなるかを我々はしっかりと見ておかななければならない。

 もっとも、習金平国家主席が経済復興が最重要課題だと認識を改め、中国経済が復活することが最も好ましいのだけれど。。。


 うーん。。。あまりに強い眠気に襲われていますので、本日内容にはあまり自信がありません。。。



2013-06-25 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

株式市場の急落があり、久しぶりに

 前回の日記掲載から半年ぶり以上の期間が開きましたが。。。

 前回はまだ、野田首相でしたので、安倍首相に変わられてからは初めての日記掲載となります。

 何人かの方から、日記復活を望む声をいただいておりましたので、書こう書こうとは思っていたのですが。。。

 今までの日記のメインテーマであった、経済政策において、そう批判的になる必要もなかったので、執筆意欲が減退していたといったところが正直なところです。

 あと、当日記で主張していたようなことを各界の偉い方々が主張し始めたので、あえて書く必要も、意欲もなくなっていました。

 ただ、最近の急激な株価の下落があり、問い合わせていただくことが増えたので、ちょっと書いてみようと思った次第です。


【アベノミックス】
 さて、まずアベノミックスにおける金融政策に関しては、日本経済復活という観点から見れば、比較的に正しい方針の下政策遂行がなされていると感じています。ただ、この日記でも述べてきたことですが、ちょっと、遅きに失したという感は否めませんが。。。本来は日本が経常赤字になる前にすべきだった政策だったと思います。経常赤字国が金融緩和を遂行していくと、マクロ的には一時的に可処分所得の減退を招くのでは?と考えるからです。ただ、ここで、めげずに金融緩和を続行すれば、経済構造の変化が起こり、所得上昇につながっていくとは思いますが。。。時間がかかりそう。。。

 だから、2本目の矢である財政政策が肝心になってくるわけです。ところが、この財政政策がアベノミックスの中で比較的に軽んじられている傾向がある。国家財政不安感があるからだろうか。。。

 今回の安倍政権はここら辺は乗り切るとみていますが。。。

【株の急落について】
 ちょっと、異常なぐらいの加熱感があったので、大きな調整があるとは思っていましたが、結構、大きな調整が起こりました。為替についても、昨年からの円安の動きは、リーマンショック時の円高、ドル安の動きと同レベルの激しいものだったので、これも調整があるとは思っていましたが。。。 

 株式相場をはじめ金融市場の予測はポジショントークにもなるので、この日記では一切いたしませんが。。。悪くないなとは思っています。

 仮に、参議院選後もアベノミクス継続となれば、日本経済回復の蓋然性は高まると考えています。

 週明け日銀金融政策決定会合、ドラスティックな政策発表はないとは思ってます。

 火曜日、金融政策決定会合後にまた日記をアップしたいと思います。来週は比較的に落ちついた動きが戻ってくるかな。。。
2013-06-07 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

日銀建設国債引き受け「ありえない」 野田首相 

 ひっさしぶりの日記になります。
 あまりににも、おかしな発言を野田首相が続けられているので、ちょっと当日記で言及しておこうと思いました。

 本日の野田首相の発言内容は以下のとおりです。

 「戦後の日本のハイパーインフレ?や第一次世界大戦後のドイツの大混乱は中央銀行の独立性を無視して政府が暴走したからだ。世界の共通の知恵から大きく逸脱するような政権を日本に作っていいのか?」

 と述べたそうだけれど。。。。

 野田さんについての批判を控えていたのだけれど、上記の発言はひどい。

 戦後GHQ占領下の日本のことを言っているのかな?1945年から50年代前半にかけて確かに日本は急激なインフレに見舞われていたけれど。。。当時、日本議会が中央銀行の通貨発行権に対して、にいかほどの自由裁量権があったと思われているのだろうか?

 それと、第一次大戦後のドイツ。これは等日記で何度も何度も述べてきたけれど、第一次大戦後のドイツ中央銀行ライヒスバンクは議会から過度の独立性があったことをご存じないのだろうか?議会から完全に独立しているライヒスバンクが民間金融への公正な緩和をせずに、独自の判断で、特定の民間商業手形を乱買し(正に今の日銀の状態)、国民から通貨不信を抱くこととなったんだよ。その後、議会は中央銀行を議会の管理下において、ハイパーインフレの収束を図ったんだけれど。。。

 野田首相、財務官僚や日銀職員の言葉を何も疑わず、真に受けているとおかしなことになりますよ。誰か周りの人が何とか言ってあげないと。。。

 日本のインフレ政策の歴史についてと、ドイツライヒスバンクについての記事を過去にアップしていますので、よろしければ是非ご参照ください。

 【関連日記】
2009/03/02 : 未分類 : 日銀企業金融支援に重点
2008/11/21 : 未分類 : 本日、日銀金融政策決定会合「現状維持」
2008/12/29 : 未分類 : 本日、日経3ページ『金融政策』より

2010/07/21 : 未分類 : リフレーション政策(インフレ政策)の歴史
2012-11-22 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

尖閣問題に関して過去の日記を二つ再度アップします。

2010/10/20 : 未分類 : 中国、尖閣沖に監視船3隻再派遣…常駐化狙う?

中国、尖閣沖に監視船3隻再派遣…常駐化狙う?

 来年の大規模上陸作戦のための準備が始まったのかな?

 尖閣防衛へ世界連盟計画 華人結集、来年上陸目指す


 日本で民主党が政権をとったように、尖閣もよほどの政治変革が起こらない限り、中国に実効支配される可能性が高いな。

 尖閣はシーレーンと海底油田が狙いなんだろう。

 数年たって、次は熱水鉱床のレアメタルを狙って沖縄の実効支配が起こるんだろうけれど、流れとしては日本で地域主権の確立運動が高まり、次に沖縄の独立運動、数年後中国の実効支配という流れになるのかな。

 その頃には北海道もロシア領有権の主張対象になったりして。。。

 太平洋沖の中国による実効支配がはっきりした頃に、さすがに日本国内で暴発が起こるのか、あるいはガンジーのように国民は日本の自主独立を唱えながら非武装運動を続けるんだろか?
 
 子供の頃には2度と起こらないと思っていた戦争に日本人が巻き込まれる可能性はどんどん高まっているように思える。

 あの頃、どうして戦争は2度と起こらないと確信していたんだろう。
 
 うん?新しい記事が、

 石垣市議会、尖閣上陸決議を全会一致で可決

 
 勇気ある行動と毅然とした態度が日本を戦争の災いから遠ざけてくれるかもしれない。
 
 ちょっと偏りすぎだー!と思われる方はスルーしてください


  2010/06/29 : 未分類 : 疑惑の通貨 元

 ひょとして、中国は円を外貨準備に使ってないだろうな。。。

 仮に、中国がドルペッグから通貨バスケットへの移行(アジアを中心とした場合はほとんどが円になります)を考えて、円を買ってたりして。。。

 それで日本国債を大量保有して日本の財政政策にイチャモンつけ始めたらどうするつもりだろう?

 一昨年から昨年にかけてアメリカに対してとんでもないいいがかりをつけていましたが(ドル信認を守れだとかなんだとか)、アメリカからはまったく相手にされませんでしたけれど。。。

 現政権内部には中国としっかり議論が出来る経済に詳しい国会議員がいないことだけははっきりとしてるけれど。。。

 まさかね。。。

 因みに何度かこの日記でも書いてきましたが来月には国防動因法が中国で施行されます。

 経済価値を守るためとか言って軍事威嚇行動くらいは覚悟しとかないといけないかもしれませんね。(ちょっと言いすぎかな?)



2012-09-20 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

昨日の日銀金融政策決定会合を振り返って

 昨日、日銀金融政策決定会合が終了し、資産買い入れ基金の10兆円増額を決定した。

 昨日の市場ではおおむね好感されたのだけれど、本日は早くもその効果が剥落し始めたようにも見える。

 基金の増額自体は金融緩和姿勢をうかがわせる物だけれど、積み上げ期限が13年6月末までだったのを12月末までに延長したことにより、出回る資金量は当面変わらないので、足元の金融緩和効果は心理的側面を除いてはあまりないといえる。

 そもそも、私の個人的見解としては日銀の資産買い入れ目標自体が、金額に比べて効果が限定的になると考えていますが。。。

 買い入れの下限金利撤廃については、資金需要の低迷に対応する内容としたのは現実的な判断かな?

 本日の朝の日銀当座預金残高見込みは43兆6000億円となっていた。こちらはかなり増額したなという感覚です。

 自民党総裁選で安倍氏が総裁になったら、日銀法改正も視野に入っているだけに、日銀もデフレ対応を本気になり始めたのかもしれない。

 ただ、最近の日銀の傾向として、日銀の動きが注目されている日銀金融政策決定会合直後は当座預金を積み増す傾向があり、ほとぼりが冷めると、資金引き上げが始まるということの繰り返しが見られるので、今後の日銀当座預金残高の推移を注意深く見守っていきたい。 
2012-09-20 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

民主党議員消費税関連法案採決で大量造反か?

 本日の衆議院消費税関連法案採決でどうやら、民主党に大量造反者が出るみたいだ。

 野田佳彦首相が財務省に魂を売ってでも手に入れたかったものが見えてきた。

 『新生民主党』なのだろう。仮に解散があるとしたら、野田首相はさも民主党が生まれ変わったと言わんがばかりのパフォーマンスを見せるんだろう。ひょっとしたら、メディアはそれに乗るのかもしれない。。。

 まさに、政権交代ブームで民主党が政権を奪取したときと構図が似てくるかも。。。

 日本は民主党政権になり、官僚支配から国民主導へという流れにはならず、この日記でも懸念していたとおり、より一層の官僚支配どころか社会主義化していったと言っていいだろう。

 野田佳彦、谷垣体制が続くとしたら、より一層、社会主義国家へと舵を切ることになるのだろう。。。危ういな。。。

 民間活力の復活こそが日本再生の鍵だと思うのだけれど。。。国会議員の先生方にはこの単純なことが理解出来ないのだろうか。。。

 
 

 
2012-06-26 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

兄の吉田康人が大阪市の住吉区長になりました。

 大阪都構想で公募さていた大阪の区長に我が兄の吉田康人が住吉区長として選ばれました。

 http://www.facebook.com/l.php?u=http%3A%2F%2Fwww.city.osaka.lg.jp%2Fhodoshiryo%2Fjinji%2F0000173504.html&h=PAQHUNUG5

 これから大変だと思いますが住吉区民の方々のために、今まで蓄積してきた力をいかんなく発揮してほしいと思います。それがひいては大阪のため、日本のためになると願います。

 この日記では極力私的なことに関しては控えていこうという方針なのですが、今日は特別に。。。
2012-06-22 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 1
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

シゲポン

moneyplace

Author:moneyplace
独立系投資アドバイザー

検索フォーム

政治経済金融関連の言葉を 検索してください。↓
ミクシイをご利用でない場合は 一部リンク先が表示されませんので このフォームをご利用ください。

FC2アフィリエイト

アフィリエイト・SEO対策

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。